FC2ブログ

記事一覧

ダイヤル 7

「落ち着いた…?」一呼吸…いや 二呼吸も三呼吸も 置いてから れい子さんが 振り替えった「…」「ちょっと 舐めただけやのに フフフ それにしても たかし君って 毛が薄いね」僕の顔を見て 微笑んだが 直ぐに また 視線を下半身に向ける今さらながら そんな事を言った れい子さん僕は その言葉 から れい子さんが 至近距離で 見つめていた事を悟ると… 「どうして 隠すのよ」「だって…」「フフフ 男の子が 恥ずかしがらへんの」どこか...

続きを読む

ダイヤル 6

僕は仰向けに倒れ 言われたよう 腰を上げた「嬉しいわ~」そう 話しながら剥ぎ取ったバスタオルをたたむ れい子さんの視線は僕の下半身にあり「私の身体で こんなに興奮して」 と続け 僕を見て笑ったバスタオルを巻いたまま 僕を見下ろす その微笑みは どこか優越感に満ちた感じであったなぜなら 再三 口にする私の身体で興奮してと言う言葉であるそれも そうであろう 出会った時 落胆した表情をし ドライブ中 適当に相づちを 打っ...

続きを読む

ダイヤル5

「しっかり 暖まるのよ」お尻を叩かれ そう言われた 僕は 普段は 入らない 上がり湯をしていた「肩まで浸かってる?」「…」まるで 子供に言ってるような口調の れい子さんに 僕は この時 少し ムッとすると 声のする方に顔を向けた しかし 目に入った その光景に ビックリすると共に見入ってしまうのですシャワーを下に置き こちらに背を向け しゃがむ れい子さんが 大きく 足を開き 股間を洗っていたいわゆる 女の人がオシッコ...

続きを読む

ダイヤル4

扉を開けて れい子さんが 入って来たその姿は 全く どこも 隠す事なく 束ねた髪が 濡れない様になのか 両手を 頭に上げ 更に束ねているシャワーを浴びていた 僕は 呆然してしまう以前 ある人に 聞いた事が ある女の人は 割りきりが早いと そして その覚悟を決めると その後 行動の 早さや 大胆さ これは 男 以上であるとのこと そのままの姿勢で僕に近づく 華奢な様に 見えていたのだか 少し垂れぎみ胸は割りと大きく それに ちゃ...

続きを読む

ダイヤル3

国道沿いホテルの駐車場に車を止める れい子さんを乗せた 近くである「まあまあ 止まってるのや~」と 言ったかと 思うと 僕より 先に車を降り 玄関に向かって歩きだす「たかし君 早く」途中 中年のカップルとスレ違う女の方は さすがに下を向いていたが男の方は えっと!と言う感じで 二度見をしたしかし れい子さん 全く 気にする 素振りもなく 僕の 少し前を歩きホテルに入った「へ~最近のホテルって こんな風になってるんだ...

続きを読む

プロフィール

0912good

Author:0912good
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

カテゴリ